1. 店舗型ヘルスに行ってみたい!

店舗型ヘルスに行ってみたい!

店舗型ヘルスに行ってみたい!

店舗型ヘルスってどんな仕事なのか?店舗型ヘルスについて説明していきます。

HELP!管理事務局
出稼ぎドットコム
出稼ぎドットコム

店舗型ヘルスとはどんな仕事?

ソープってどんなところ?

店舗型ヘルスどんな感じ?

プレイ時間
30分から90分以上
プレイ料金
1万から3万前後
疑似恋愛レベル
★★★★
女の子タイプ
店舗型ヘルスは男性スタッフに監視されていて安全性が高いため、いろいろな女性が集まります。10代や人妻、大学生、外国人などいろいろなジャンルに別れています。

店舗型ヘルスはソープランドのように店舗があるヘルスサービスの事を言います。店舗がないデリヘルやホテヘルを無店舗型と言うのに対し店舗型や箱ヘルと言ったりします。

店舗型のお店の特長としてはその店舗に部屋がいくつもあり、店舗で受付を済ませその店舗でヘルスサービスを受けます。受付で出勤している女の子の写真を見る事が出来ますが、ほとんどが加工されていますので参考にする程度が良いでしょう。

お店によっては本日待機中の嬢を目の前で並ばせるというお店もあります。

店舗型ヘルスの利点としてはデリヘルやホテヘルのように移動時間もなく男性従業員なども常にいるのでトラブルなどが合った場合はすぐに対応する事が出来ます。

また、監視カメラなどが付いているお店も多く、本番行為や体が覆い被さった状態の場合すぐに注意がくるというように、徹底しているところがほとんどで、女の子にとっては働きやすいのは店舗型ヘルスなのではないでしょうか?

店舗型ヘルスの特長

ソープランドってどんな事をするの?

店舗型ヘルスも実は地方自治体などの条例により、ソープランドのように新しく店舗を新築する事ができません。しかし、老舗のお店が多く、その店が持っている常連など、デリヘルやホテヘルよりも繁盛をしているというお店もありますし、女の子を大切にする(待遇や交通費など)お店が大変多くあります。

デリヘルよりも箱ヘル(店舗型ヘルス)のほうが稼げたという嬢も多くおり、未だにファションヘルスは根強い人気を誇っています。

店舗型ヘルスの歴史

店舗型ヘルスの歴史はデリヘルよりも古く、1985年に風営法改正されるまでは、性風俗店ではありませんでした。戦後1970年ごろから高度成長期に入る日本は働くサラリーマンや労働者達であふれかえります。

その性処理を行ったのが店舗型ヘルスだったのです。店舗型ヘルスはソープランドの様に本番は出来ないものの激安、短時間で性処理が出来る事からその当時の風俗の主流になりました。

しかし1985年の風営法改正により、店舗型ヘルスは性風俗業として定められ、届け出の対象となってしまいます。
その後店舗型ヘルスは衰退し、デリヘルが風俗業界の主流に変わってしまったのです。

他の業種の説明を見る

    一覧に戻る>>

    あなたにオススメの店舗型ヘルス

    トップへ戻る

    オススメ店舗バナー

    オススメコンテンツ

    業種カテゴリー

    エリアカテゴリー

    エリアカテゴリー

    業種カテゴリー

    Copyright(c) 2016-2019 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.