出稼ぎドットコム
出稼ぎドットコム

エリア別求人情報

特集コラム

口臭がキッツ~いお客さんに対する風俗嬢の塩対応

口臭がキッツ~いお客さんに対する風俗嬢の塩対応

お客さんの口臭がキツい人が多くて耐えられない…と言う風俗嬢は多いものです。 確かに、男性は女性よりも口臭ケアができていない人が多いように思えます。 歯磨きが不十分であったり、毎晩の晩酌の習慣が原因であったり、会社でのストレスによるものだったり…。 また、煙草を吸う中年男性の数は多く、しかも女性で煙草を吸っていると口臭を気にしてまめにうがいや歯磨きをしたりもしますが、男性にはそのような習慣がない人も多いようです。 更に、男性は「口臭なんて気にしていたら男らしくない」と言いながら、ニンニクたっぷり、コッテリ味の料理を食べたがるものですから、更に口臭はキツくなりがちです。 口臭がキツいお客さんに塩対応をしてしまう風俗嬢 口臭がキツいお客さんの方が、臭くないお客さんよりもやたらとディープキスをしたがったり、顔や耳をベロベロと舐め回してくることが多い、という風俗嬢は多いです。 恐らくそれは、口臭がキツいがために普段彼女や奥さんにそういったプレイを嫌がられたり、なかなか交際相手ができないために欲求が溜まってそういう行動に出てしまうのではないでしょうか。 お金を払ってもらっている風俗嬢側は、多少イヤだとしても金銭が発生しているわけですから、ある程度は我慢するべきですが、あまりにも息が臭くて耐えられない、と言う場合は非常にそっけない、冷淡な対応…いわゆる「塩対応」と呼ばれる対応をしてしまう場合も多いようです。 風俗嬢がお客さんに対して行う塩対応の中には、極端に愛想を悪くしたりするほか、リステリン等の口内洗浄液をしつこく勧めたり、いらないといわれたら歯磨きや口臭消しを渡して「息が臭い」と言わずに伝える、という風俗嬢の声も。 本来であれば「息が臭い」とはっきり伝えたいところですが、なかなか口に出すのは憚れるところです。口に出して言ってしまうことで、取り返しの付かない常用になってしまう場合もあります。 しかし、口に出さなければ受け取り手側にある程度責任を擦り付けられる、という点もあり、口では何も言わずに態度で「口臭がきつい」というのを伝えるのは悪い案ではありません。 口臭がキツい人は自分の口臭に気付いていない? 口臭がキツい人というのは、大概の場合自分の口臭に気付いていない場合が多いです。 「こんなにクサいのに気付かないわけがない!」と思うかも知れませんが、ニオイというのはずっと嗅いでいると鼻が慣れて麻痺してきてしまうものです。そのため、自分のニオイには気付きにくいのです。 ニオイについてはなかなか他人には指摘し辛いものです。風俗嬢の立場からでも、もちろん指摘しにくいでしょう。 しかし、風俗嬢はただ近くで喋っているよりも更にダイレクトに口臭の被害を受けてしまいます。 しかもそれが歯周病による口臭であった場合、歯周病は菌によって感染しますので、ディープキスをすることによって風俗嬢まで歯周病になり、口臭が酷くなってしまう可能性もあるのです。 それを回避するためには、やはり臭いことを伝えたほうが時には良いのかもしれません。

2017/03/22

風俗遊び…案外楽しめなかったプレイ失敗談!

風俗遊び…案外楽しめなかったプレイ失敗談!

風俗遊びをちょくちょくしていると、徐々に普通のプレイにも飽きてきて、ちょっとオプションを付けてみようかな~、なんて思ったり、いつもとは違う毛色のお店に行ってみようかな~、なんて思ったりしますよね。 それで、試す前には散々ドキドキワクワク、期待でいっぱいだったのに、実際にやってみたら「アレ…こんな感じ?」と、これじゃない感に戸惑ったりすることも、風俗ファンなら一度や二度ならずあるはず! 皆さんは、どんなオプションやプレイが「自分にはちょっと合わなかった…」「思ったように楽しめなかった…」と思うのでしょうか? AFのハードルは高かった… 一番思うように楽しめなかった率が高いのが「AF」。 アナルファックは、入れられる側にも負担は大きいですが、実は入れる側にもなかなかハードルが高いプレイです。 膣と比べてアナルは慣らされていたとしてもかなりキツいため、勃ちが良くない男性の場合はなかなか楽しめない場合が多いようです。 また、思ったよりも気持ち良くなかった…とガッカリする男性や、むしろチ○コが痛くて全然気持ち良くない!という男性も。 かなりユルユルになるまで解せているアナルでないと、AF慣れしていない男性側には、逆にに気持ち良くないことが多いのかもしれませんね。 性感マッサージはくすぐったがりの男性には向いていない 性感マッサージは、マッサージ好きな男性からしてみたら天国なのですが、一部の男性の中には無理~!となってしまう人もいるようです。 それは、くすぐったがりな男性。 せっかく際どいところをナデナデモミモミされても、興奮するよりも先にくすぐったさを感じてしまい、全く気持ち良くなれない、という男性も。 また、性感マッサージや回春マッサージのお店のプレイによくある「前立腺マッサージ」ですが、直前にご飯を食べて受けてしまうと、排泄欲求でソワソワしてしまうことになるそうです。 お腹がある程度カラの状態で行かないと、きちんと楽しむことができないようですよ。 なんだか落ち着かない3P 女性二人にサービスしてもらう3Pは、男の憧れではないでしょうか。 しかし、実際にやってみると、なんだか落ち着かない、という声も多いようです。 二人もいるので、その両方に気が行ってしまい、プレイに集中できなかった、気が散漫になってしまった、ということになりがち。 また、女の子2人のテンポが合っていないと、片方に集中してしまってもう片方がいる意味がなくなってしまう場合も。 3Pをすると2人分の料金を払うことになるため、通常プレイよりもかなりコスト高。その割には楽しめないということにならないように、イメージトレーニングをしっかりしてから遊んだほうが良さそうです。 風俗の遊び方も十人十色ですので、他の人が楽しい!と言っていても、自分にはなんだか楽しめなかった…ということも必ずあるでしょう。 しかし、それで諦めずに様々なプレイやオプションにチャレンジしてみることこそ、真の風俗道なのではないでしょうか!

2016/10/25

風俗に通い続けるのと裏引きするのとどっちの方がお得? 楽しい?

風俗に通い続けるのと裏引きするのとどっちの方がお得? 楽しい?

風俗遊びの醍醐味として、風俗嬢との店外デートの駆け引きがあります。 大概の風俗ファンは、ここで「店外デートすれば風俗嬢とタダマンできるかも!?」と期待を膨らませるかと思いますが、ところがどっこい、風俗嬢側は円盤狙いの場合が多いです。 しかし、店外の醍醐味としては、風俗嬢を独り占めできる、ということ。誰にも触られていない、汚れていない状態の風俗嬢を俺だけのモノにできる、という優越感を楽しむことができますし、オキニの風俗嬢の、お店で働いているときとは違う、より素の状態に近い表情を見ることができますので、オキニ嬢に入れ込んでいる風俗ファンからしたら、これ以上ない喜びを感じられるのではないでしょうか。 中には、毎月多額のお金を風俗嬢に渡して、裏引きを繰り返す猛者もいます。 「店外」「裏引き」風俗嬢はどう思ってる? 例え店外デートをしたからと言って、確実に風俗嬢にSEXさせてもらえるかどうかは分かりません。それどころか、大概の場合は風俗嬢は「タダでやろうとしてるのか、この客ケチケチしやがって…」と苦々しく思っている場合の方が多いようです。 しかし、最初から裏引きすると話が纏まっていれば、風俗嬢的には風俗店で働くよりも稼ぎは良いわけですし、悪い気はしないでしょう。ある程度の纏まった金額を提示すれば、よっぽど嫌われている客ではない限り、ホイホイついてくる風俗嬢は多いようです。 裏引きするのと風俗通いするのは、どちらの方が楽しめる? しかし、一方の風俗ファン側からしてみれば、タダマンできるかもしれない店外デートではなく裏引きするということになれば、風俗店を通して遊ぶのと同額もしくはそれよりも高額なお金を風俗嬢に渡さなければならないことも多く…コスパ的にはあまり良いとは言えません。 風俗嬢を独占できる、という点では良いのかもしれませんし、金銭的に余裕がある男性であれば、風俗嬢を貸し切ってもっと自由度が高い感じでノンビリしたいわ~、という理由で裏引きする、というのもアリですが、しかし一般的な会社員である男性からしたら、ちょっとその使い方には無理があります。 ましてや毎回5万10万と風俗嬢に渡して、月に数回デートして SEXして…なんて、いくら楽しいとはいえ、お給料がいくらあっても足りません。 小市民的には、やはり裏引きなんて考えずに、大人しくお店経由で遊んでおいたほうが、お財布的には安心して遊べるのではないでしょうか。 風俗嬢側も、店外デートや裏引きはお店にバレるとペナルティとなってしまいますから、よっぽど好条件ではない限り話に乗ってこないばかりか、嫌がっているのにしつこくするとNG客として出禁にされてしまうこともありますので、気をつけて下さい。

2017/02/08

風俗嬢だからって、他の女の子より淫乱なわけではない!

風俗嬢だからって、他の女の子より淫乱なわけではない!

風俗ファンの心理としては「風俗嬢は風俗嬢じゃない女の子よりも淫乱であって欲しい」という願いみたいなものを持っていることが多いと思います。 だって、お金を払って楽しみに行っているんだから、エロいことが大好き!という女のコと非日常的なエロ~いシチュエーションを楽しみたいのは当然じゃないか!と思われる風俗ファンの心境は、もちろん当然です。 でも、あまりにもそのドリーミングな妄想を風俗嬢に押し付け過ぎると、風俗嬢に嫌われてしまう可能性もあります。 風俗嬢の「イヤ」には二つの意味がある 風俗ファンの中には、風俗嬢が「イヤ」と言うのを全て恥じらいや演出だと思っている男性はいませんか? でも、実は風俗嬢が「イヤ」と言っている中には、本気で「イヤ」だと思って言っていることもあるのでご注意下さい。アンアン喘ぎながら、時々「イヤ」と呟いているうちはOKです。でも、「痛いからやめて欲しい」「それは本当にイヤだからやめて欲しい」というときにも、風俗嬢は「イヤ」と言います。そんなこと言われたって、恥じらいの「イヤ」なのかガチの「イヤ」なのかなんて分からないよ、という男性諸君「いやちょっと、本当にそれはイヤだから」「待って、それはダメ」なんて言われ方をしたら、風俗嬢は本当に相当イヤがっています。待ったなしで止めてあげないと、風俗嬢にNG客にされてしまう恐れも…。 風俗嬢が言われて「ウザい」と思う会話 風俗ファンの中には、風俗嬢との会話を盛り上げようとして、風俗嬢に「何でこんな仕事してるの?」という質問を投げかける男性が非常に多いです。しかし、そんなことを聞いても、風俗嬢が正直に心境を話すわけがありません。それどころか「ウザい」としか思われません。風俗嬢が風俗で働く理由は一つ、ズバリ「お金が欲しいから」であって、それ以上でもそれ以下でもなく、お客さんに家庭の事情や個人的な事情なんてそれ以上話す必要はありません。もし話すとしても、そういった面倒なお客さん向けに予め用意しておいた作り話を話す風俗嬢が多いようです。 また、「エッチが好きなんでしょ?」「淫乱のくせに」「旦那さんや子どもが知ったらどう思うだろうね」「両親は知ってるの?こういう仕事してること」なんていうようなセリフも、風俗嬢から「気持ち悪い」と思われてしまう質問です。風俗嬢はお仕事でエッチが好きなフリをし、淫乱なフリを演出しているわけですから、それ以上そこを突っ込まなくて良いのです。また、風俗嬢を辱めるプレイをしたかったとしても、家族の話題を出すなど、もってのほかです。 適度であれば風俗嬢もそこは織り込み済みですから、当然のように演出してくれますが、あまりにも度を過ぎてしつこく言うと「この客は気持ち悪いから相手をしたくない」と、神経質な風俗嬢にはNG客認定されてしまうことも。風俗嬢とはいえ、普通の女性ですから、あまりにもキモオヤジが言いそうなことを言ってしまうと、普通の女性と同じように「気持ち悪い」「生理的に無理」というレッテルを貼られてしまうのです。女性を辱めるのが楽しい、という風俗ファンもいるでしょうが、程度をわきまえましょう。 地雷嬢を作り出すのも客次第 風俗嬢に適切なサービスを求めるのは、金を払って遊びに行っている風俗客の当然の権利です。しかし、同じ金で他の客は風俗嬢にもっとサービスしてもらっている場合もあります。「そういう客はイケメンか金持ち」と僻むのは簡単ですが、そういうわけでもないのです。 「風俗嬢には金を払ってるんだから、何をしても良い」と考えているようなお客さんだと、風俗嬢も鋭くそれを察知して地雷接客をします。なぜならば、そういうお客さんには常連になってもらいたくないからです。逆に、良いお客さんにはより丁寧で親切な接客をします。 イケメンでなくても、お金持ちでなくても、清潔感があって風俗嬢に嫌がらせをしないようなお客さんであれば、風俗嬢は良い接客をしてくれることが多いものです。

2017/05/17

“風俗嬢も感じているからOK”は通用しない!

“風俗嬢も感じているからOK”は通用しない!

風俗ファンの中には「風俗に行くからには絶対本番したい!」と考えている男性が、特に中高年層に多いように感じます。 若者と話をしていても、もちろん本番やりた~い!というノリの男性もいるにはいますが、中高年層の「本番やりたい率」に比べると雲泥の差で低いような気がします。 中高年層の風俗ファンはそこまで本番にそこまで固執してしまう理由とは…いかなるものなのでしょうか!? 「風俗嬢に本番させてもらえる俺」→「女にまだまだモテてる俺」 男は誰でも「女にモテたい」という意識が強い生き物。風俗嬢の話を聞いていても「なんでアレで自分がモテると勘違いしてるのか意味不明」とか「あんなんで俺のテクやばいだろとか思える時太さヤバイ」なんて、男性客に対して心ないコメントを耳にすることが多いのですが、しかしその通り、男性は勘違いしやすくプライドが高い生き物! 「男は女と違って一生現役」「年を取ったって男は若い女の子たちからモテることができる」と、無意識のうちに思いたがっています。 しかし、リアルではなかなか女性と縁がない男性もいるし、縁があっても相手にされない男性の方が、中高年ともなると多いわけです。 そんな男性が、唯一マトモに相手をしてもらえる相手が風俗嬢。風俗嬢はお仕事ですから、全然タイプじゃない男性にだって「素敵」「気持ち良い」「大好き」「また会いたい」と言ってくれるわけです。 でも、それでも「この風俗嬢は俺に気があるな」と勘違いしたくなってしまうのが風俗ファンの男性の悪い癖。 そして「もしこの風俗嬢が本番をさせてくれたら、きっとこの風俗嬢は俺に気がある!」「風俗嬢を落とせるテクの俺」「風俗嬢にモテる俺はまだ男としてイケてる」と思いたがるのも風俗ファンの男性の悪い癖です。 傍から見ていると痛々しい限りですが、しかし自分のこととなると冷静に考えられなくなってしまうのが人間です。 鼻の穴を膨らまして得意げになる前に、あれ?これって俺の勘違いかも?と、ちょっと立ち止まる癖をつけた方が良いかもしれません。 そうしないと「ウザい本強客」のレッテルを即座に風俗嬢に貼られて、出禁扱いにされてしまいますよ。 風俗嬢の「感じてる」演技で本番まで突っ走る風俗ファン 風俗嬢が男性の攻めでアンアン言っているのも、ほぼ演技なわけです。 しかし、それを「この嬢は俺のテクで感じている!」と勘違いし「こんなに気持ち良くさせてやってるんだから、本番してもオッケーだろ」と勝手に勘違いして、嬢のアソコにチンコを突っ込んで、キレた嬢に店にコールされている風俗ファンの多いこと多いこと。 考えてみてください。もし他の男がその行動をしたという話を聞いたら「ちょwwwwwwお前バカじゃねえの、それ風俗嬢の演技、演技wwwwwwwww」と突っ込みたくなりませんか? その言葉を、そっくりそのままあなたに返します。誰がやっても、その通りなのです。自分だけ例外だと思い上がった男性ほど、みっともないものはありません…。 そして、お店によっては罰金として100万近くを要求してくるようなブラック風俗店もあります。 しかし、ペナルティを犯したのは自分側ですし、警察にレイプ事件として訴えると言われてしまうと強く出れないのもまた事実です。 そんな目に遭わないためにも、やたらと風俗で本番をしたがるクセは、自分自身で矯正しておいた方が良いかもしれません。 性病も怖いですしね!

2016/12/27

爪を切っていない男は風俗でモテない

爪を切っていない男は風俗でモテない

風俗ファンは、常々オキニ嬢にモテたい、新しく出会う可愛い新人風俗嬢にモテたい、と考えていることでしょう。 そのために、風俗嬢の前で変にカッコつけてみたり、自分を大きく見せようと頑張っている男性もいるかもしれません。 しかし、その前に確認しておきたいのが、自分が清潔かどうか、というところ! 不潔な男は確実に風俗嬢に嫌われています。毎日お風呂に入っていますか? 髪を洗っていますか?歯磨きは小まめにしていますか? 朝晩顔を洗っていますか?鼻毛は伸びてないですか?デオドラントは使っていますか?息は臭くないですか?皺くちゃで洗濯していない服を着ていないですか? 足は臭くないですか?…etc. 「めんどくさい、一々そんなこと男が気にしてられるか!そんな女々しい男は逆にモテない」と考えている男性もいるかもしれませんが、そういう男性は、確実に嫌われています。 女性は清潔な男が好きです。特に風俗の客に対しては、そう思っています。 爪は確実に短く切るべし 例えば、体は風俗嬢がプレイ前にシャワーで徹底的に洗ってくれますし、歯もプレイ前にしっかり磨かされます。 しかし、プレイ前というよりも日頃から気をつけておきたいのが、爪を短く切りそろえておく、爪を切った後は爪の角をヤスリで丸く整えておく、ということ。 爪が長いと手マンするときに膣内が切れて出血してしまう原因となってしまったり、また、爪と指の隙間にはゴミカスが溜まりがち。そのゴミの中には雑菌がウヨウヨしているため、汚い指で手マンすると、風俗嬢が膣炎等を引き起こす原因となってしまうのです。 また、風俗嬢側からしてみたら、それ以前に単純に手マンをされるときに爪が当たって痛い、という不快感もあります。特に男の中には手マンをするときに指を突き立てるようにしてガシガシ手マンをする、いわゆるガシマンをしてくる男が多いですから、なおのこと嫌がられるのでしょう。 また、じゃあ爪を切るのは風俗に行く直前で良いのでは、と思っている風俗ファンもいるかもしれませんが、日頃から爪は短く切る癖をつけておいたほうが良いです。 風俗に行く直前に爪を切りそろえて、丁寧に指先を洗ったとしても、日頃から爪が伸びていて爪の中にゴミカスが溜まっているような男の手は、ちょっとやそっと爪を切って洗ったって、しつこい汚れは落ちないものです! 「きったねえ爪で手マンしてくんなよ!」と心の中で風俗嬢に悪態をつかれないように、風俗ファンなら日頃から指先のケアを怠ってはいけませんよ!

2017/03/02

毛深い体質でも風俗で稼げる?

毛深い体質でも風俗で稼げる?

お客さんと常に肌触れ合う風俗のお仕事は、毛深い体質の女性にとっては自分の毛深さがコンプレックスになってしまうことがしばしばあります。毎日毛を剃ったり、エステに通ったりと毎日肌のお手入れが欠かせませんよね。体を見られる機会のある風俗店では、毛深い体質でもたくさん指名をとって高収入を稼ぐことができるのでしょうか? 毛深い体質でも問題なし! 毛深い体質の方の場合、「毛深いとお客さんに本指名されにくくなるのでは...」と気にしてしまう方が多くいます。しかし、容姿や体型、プレイテクニックなど、風俗客が風俗嬢の女性に求めることは人それぞれ。なかには毛深い体質であってもあえて毛を剃らずにいる女性もいます。毛深いからといって稼ぎに影響が出るということはないので、自分のプレイスタイルでどのようにすればもっと稼げるかということを考えてみてみましょう。肌を極力出したくないという場合はピンサロやアロママッサージなどの風俗業種を選ぶというのもおすすめです。 出勤日の前にお手入れを! 気になるのは、お肌のお手入れの頻度。これは出勤スケジュールによって変化しますが、Wワークなどでほかにお仕事をしていたり、主婦で家事が忙しい人などは毎日出勤することはないでしょう。毛深い体質の方でも、週に1日〜3日ほどの出勤日の前日のみお手入れをすればOK! とくに腕、ワキ、足は風俗店でのプレイのなかでお客さんと多く密着する部分。どんなに毛深くても、出勤日にはお手入れを欠かさないようにしましょう。 思いきって脱毛をする 毛深い体質の女性は、風俗のお仕事をきっかけに脱毛をするケースが多くあります。このように、どうしても気になるようであれば思いきって脱毛をしてしまうというのもありでしょう。今では低価格で気軽に脱毛することができるサロンも多くあるので、「脱毛」というのを検討してみてください。部分によってコースが分かれているので、初めて脱毛を行う場合でも安心です。

2019/05/07

お肌の状態が酷いお客さん!これって感染するの?

お肌の状態が酷いお客さん!これって感染するの?

風俗にやってくるお客さんの洋服を脱がせてみたら、全身酷い肌荒れで…そんなときには、思わずギョッとしてしまうこともあるのではないでしょうか。 肌荒れが酷いお客さん、肌にできものがたくさんできてしまっているようなお客さんを見たときに風俗嬢が心配するのは、性病を初めとする感染症でしょうが、皮膚病の中には、感染力があるものとないものがありますので、見極めが難しいところです。 しかも「病気というのはナイーブな問題であるため、ギョッとして気になったとしても、お客さんにそれを質問することもできずに、ただ気持ち悪いのを我慢するしかなかった」「感染性のものなのかどうなのか判断できなかったので、断ることができなかった…」ということも。 アトピー性皮膚炎は感染しないが、合併症の皮膚炎は感染する 一番多いのが、肌がカサカサに荒れてしまい、白っぽく粉を吹いてしまったり、痒くなって掻き毟って血が出てしまったりという状態になってしまう、アトピー性皮膚炎のお客さん。 症状が酷い人の肌を見ると、びっくりしてしまうかもしれませんが、しかしアトピー性皮膚炎は感染する病気ではありません。アトピー性皮膚炎の人の肌に触っても、キスをしたり体液に触れてしまったりしても、特に感染するということはありませんのでご安心下さい。 ただし、アトピー性皮膚炎の人の肌は敏感ですので、強く触ったり、シャワーの際にゴシゴシ擦って洗ったりということは避けるようにしてください。 ただし、アトピー性皮膚炎は感染しませんが、アトピー性皮膚炎の患者さんの肌は免疫力が落ちており、合併症に感染していることもあり、この合併症の中には感染性の皮膚炎もあるので注意が必要です。 伝染性膿痂疹、通称「とびひ」と呼ばれる感染症は、最近が皮膚に付着することで感染しますので、そこの皮膚に触れてしまうと感染します。 また、伝染性軟属腫、通称「水いぼ」と呼ばれる感染症もあり、こちらは男性器に感染していることもあります。 また、カポジ水痘様発疹症という感染症も、アトピー性皮膚炎の人が感染しやすい感染症で、リンパ節が痛んだり、腫れたりする疾患です。 感染症かもしれないお客さんが来た場合の対処法 お客さんは、風俗遊びしたくて来ているため、多少肌荒れがあって感染症の可能性があったとしても「感染しないやつだから」と言い張る場合が多いものです。 しかし、怪しいなと思ったら「すみません、やはり感染するかもしれないので、プレイできません」と断ってしまって良いでしょう。 いくら感染しないと言われても、自己申告制ですので、嘘を疲れたら一巻の終わりです。 お店によっては、勝手にお客さんを断るとお店のスタッフに怒られたりする場合もありますが、しかしもしあなたが感染症に感染しても、スタッフが責任を取ってくれるわけではなく、結局あなたが病院代を払って、嫌な思いをして治療をするハメになるだけです。 体の病気に関することは、本人にはダメ出しし辛いかもしれませんが、自分の身を守るためには、時にはきちんと口に出して拒否することも大切です。

2017/05/24

コラムをもっと見る>

ピックアップQ&A

Q&Aをもっと見る>

新着体験談

体験談をもっと見る>

トップへ戻る

HELP!風俗Q&Aで風俗の悩みや質問をしてみよう

HELP!風俗Q&Aでは、風俗や性に関する様々な悩みや質問を受け付けています。『どこのエリアのどこのお店がいいお店なの?』や『どの業種が一番稼ぐ事が出来るの?』など素朴な悩みや、人に聞けない悩みなどをこのHELP!風俗Q&Aに質問を投稿して聞いてみましょう!
HELP!風俗Q&Aでは風俗以外にも性の悩みについても質問を受け付けています。人にはなかなか聞きづらい性の悩みなどもHELP!風俗Q&Aであれば専門家や、その道のプロが答えてくれる可能性も!
HELP!風俗Q&Aでは、毎日沢山の風俗への悩みや、性の悩みが解決されています。あなたが質問しなくても質問掲示板を読めば答えが見つかるかもしれません。
ほかにも沢山のコンテンツが一杯!風俗にまつわるコラムや意外と知らない風俗業種の説明や風俗の世界で使われている風俗用語の辞典や風俗のお仕事診断など随時更新されていきます。

HELP!風俗Q&Aでは求人情報や店舗情報も公開中!

HELP!風俗Q&Aでは全国各地北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福岡、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、長野、新潟、富山、石川、福井、静岡、愛知、岐阜、三重、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本。大分、宮城、鹿児島、沖縄にある、ソープ、デリヘル、ホテヘル、ヘルス、アロマエステ、オナクラ、ピンサロ、セクキャバを中心としたオススメのお店の求人情報や店舗情報が公開されています。
お問い合わせにより求人情報や店舗情報への質問や悩みを聞く事も可能です。また、店舗で働いた体験談や、店舗に遊びにいった体験談等も見る事が出来。そのお店がどんなお店なのか?の口コミも見る事が可能です。
求人情報や店舗情報の悩みや質問もHELP!風俗Q&Aでは受け付けています。
登録店舗も随時更新していきますので、あなたに合ったお店がきっと見つかるはず!

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

HELP!からの一言

HELP!風俗Q&Aまとめでは風俗に関する質問と答えがまとめられています。 風俗で働きたいけど、どんな求人がいいの?や風俗に遊びにいきたいけどどこのお店がいいか解らないなど、 風俗の簡単な質問から、専門的な質問などが盛りだくさん!知りたいジャンルや知りたい業種別、エリア別にまとめられているので簡単に答えを見つけ出せるかも!他にもためになる、風俗コラムやおもしろ体験談、風俗用語辞典や、意外としらない業種別の説明などお役立ちコンテンツも盛りだくさんです。

Copyright(c) 2016-2019 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.