1. 風俗嬢も乳がん検診を受けよう!

風俗嬢も乳がん検診を受けよう!

女子会管理者
50 お気に入り

427 view

出稼ぎドットコム
出稼ぎドットコム

風俗嬢も乳がん検診を受けよう!

更新日2019/03/15

風俗嬢も乳がん検診を受けよう!

風俗嬢の皆さんは乳がん検診を受けていますか?子宮頸がんの検診は受けたことがあると思いますが、乳がん検診はなかなか受ける風俗嬢はいないでしょう。現在日本では、14人に1人乳がんになると言われています。また、乳がんで死亡する女性も年々増えてきているため、定期的な検診はとても重要です。 また、胸にシリコンバックを入れている風俗嬢は、乳がん検診ができるのかどうかも気になるところです。また、乳がんは早期発見すれば、完治する病気なので定期的な検診が本当に大切です。そこで今回は風俗嬢にも是非受けてほしい乳がん検診についてご紹介していきたいと思います。

乳がんってどんな病気?

乳がんとは、乳房にある乳腺に悪性腫瘍ができてしまうことを言います。乳がんの症状としては、早期段階では自覚症状がないのですが、病期の進行とともに症状が出てきます。よく知られているが乳房の”シコリ”です。乳がんのシコリは硬く、動きがないのが特徴です。シコリを発見したらまずは疑ってみてください。専門家のの病院へ行き診断を受けましょう。

また、乳頭や乳輪にただれや湿疹が出てきたり、乳頭から血が混ざった膿が出たりするといった症状が見られたときも乳がんを疑ってみてください。 乳がんができやすい場所は、乳房の外側が多いです。早期で発見されるシコリの大きさは2cm以下で症状がなく、リンパ、他の部位へ転移することもありません。こういった早期発見の乳がんのことを「非浸潤(ひしんじゅん)がん」といい、手術で取り除けば普通に生活に戻ることができます。しかしリンパに転移しまった場合「浸潤(しんじゅん)がん」といい、ここまできてしまった場合、転移した部分も取り除くことが困難になるため、最悪死に至ることもあります。

豊胸手術をしていても乳がん検診はできる?

乳がん検診はマンモグラフィー検査を行います。超音波や触診で見つけにくい早期乳がんを発見するための検査です。一般的に乳房を二つの板のようなもので板挟みし、上下から押しつぶしながら撮影するため、豊胸でシリコンバッグを入れている方は破裂してしまう可能性があると言われていましたが、専門家によるとそれは都市伝説にすぎないようです。

マンモグラフィー検査にはシリコンバッグにも対応する方法が存在します。どうやるかというと、筋肉に上の方から挟み、表面の乳腺を検査する「プッシュバック」と呼ばれるやり方です。この方法でシリコンバックに破損が生じることはありませんが、もし検査後に破損した場合マンモグラフィーが原因にされる可能性がないとは言えません。しかし、そのようなリスクを回避するために豊胸している女性はお断りしてる病院もあるそうです。ですので、豊胸していてもマンモグラフィー検査を行える病院であるか事前にチェックしておきましょう。

乳がん検診の重要さ

女性のがんの中で一番多いのが乳がんです。年齢的には30代前半から増えはじめ、発症のピークは40代後半です。現在でも世界的に乳がんの患者は増え続けています。しかし、アメリカでは死亡率は減少しているのです。その理由として定期的にマンモグラフィー検査を行っている女性が増えたため早期発見に繋がっていることが挙げられます。乳がんは自身で発見することが多いのですが、検診をすることで触れる前に早期発見できることもあります。早期発見され他に転移してい場合、5年後の生存率は95%以上というデーターが出ています。また、日本では乳がんの患者数の増加と共に死亡率も増加しているため、治療が期待できる早期発見が重要だということです。

現在、風俗で働いている女性も一年に一度はマンモグラフィー検査を受けることをオススメします。

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2019 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.