1. 冬場こそ、風俗嬢は足のニオイに気をつけよう! ブーツの中は案外ムレムレに…!?

冬場こそ、風俗嬢は足のニオイに気をつけよう! ブーツの中は案外ムレムレに…!?

マイコ先生
18 お気に入り

917 view

出稼ぎドットコム
出稼ぎドットコム

冬場こそ、風俗嬢は足のニオイに気をつけよう! ブーツの中は案外ムレムレに…!?

更新日2018/10/30

風俗で働いていて気をつけたいことは、容姿や体型の維持、テクニックの向上についてはもちろんのことですが、最も重要なのは「清潔感」ではないでしょうか。

風俗嬢側だって、不潔そうなお客さんがやってくるとゲンナリしてしまうものですが、それはお客さん側にしても同じことです。

せっかく高いお金を払ってお店に遊びに来ているわけですから、せっかく遊ぶなら可愛くてサービスが良いのはもちろんですが、それ以前に「清潔」で良い匂いのする風俗嬢が良いに決まっています。

特に、風俗店の場合は、遊びに来るお客さんたちも(自分が衛生的かどうかは置いておいて)、風俗嬢の清潔感にこだわっている人が多いものです。理由はもちろん「性病をもらいたくないから」という一点につきます。

実際に清潔なのか不潔なのかよりも、一見して清潔に見えるか不潔に見えるかが風俗では重要となってきます。いくら本当は清潔だとしても、髪がボサボサだったり、服が皺くちゃで毛玉だらけだったり、化粧がヨレまくっていたりすると「不潔」な印象しか周囲に与えません。

逆に、ゴミ溜めのような部屋に住んでいたとしても、髪がツヤツヤで整っていて、服にシワがなく化粧も隙がなかったりすると、清潔だという印象を与えられます。

それはニオイも一緒です。良いニオイがしている風俗嬢は、清潔な印象を与えられますし、逆に頭皮のニオイや体臭がキツかったり、服が臭かったりすると、不潔だと思われます。

秋〜冬には特に要注意! ブーツの中のニオイ

そろそろ秋となり、ファッションも秋の装いに……という方は多いのではないでしょうか。タンスの中身もすっかり衣替えを済ませた、という方もいるでしょう。

夏はミュールやサンダルで風俗街を闊歩していた風俗嬢の皆さんも、徐々にブーツを履く日が増えて来たのではないでしょうか。

ブーツを履けば、足元が暖かくなって、冷え性の女性にとっても冬場にはもってこいのファッションです。中でもムートンブーツや、ブーツの内側が起毛となっているもの、また羊毛を使用したモコモコとした底敷きやフェルト生地の底敷きで足元を温かくする工夫をしている、という方もいることでしょう。

出張型風俗で働いている風俗嬢は特に、外を歩く時間も多くなりますから、そういった工夫をしている方もいるのではないでしょうか。

また、ブーツを履けばスカートファッションの時に簡単にコーディネートをまとめてくれますので、ファッション的な観点から言ってもありがたいアイテムです。

しかし、一つ気をつけたいのがブーツの中の足のムレ、そしてニオイです。

夏場は汗をかきやすい季節ですので、ニオイやムレに敏感になる方は多いですが、冬場のブーツはニオイが気になってもなんとなく見逃してしまいがちになっていませんか?

しかし、お客さんの元に到着して、部屋で靴を脱いだらエントランスばかりではなく部屋中がクサ〜いニオイで充満……なんていうことになったら、お客さんもチェンジと言いたくなってしまいます。

秋〜冬のブーツ内のニオイには、注意してください。

ブーツ内のニオイ、どうしたら防げるの?

ブーツは革や合皮素材で作られていることが多く、風通しが悪いためどうしてもムレやすくなりがちです。特に合皮素材は汗が吸い取られずに中にこもり続けてしまうため、雑菌が繁殖して激臭を放ちがちです。

必ず汗を吸い取ってくれるような素材の底敷を敷くようにしましょう。

また、素足にブーツは危険です。ストッキングも汗をほとんどすいとりませんので、そう言った場合はなおのこと底敷きが重要となってきます。

一度履いたブーツは、必ず1日は乾燥させるようにしましょう。

ニオイ対策用の靴用スプレーを吹きかけて、風通しが良いところで乾燥させましょう。

毎日続けて同じブーツを履くと、ニオイやすくなりますので注意してください。

また、もともと足のニオイが気になるという方は、お風呂に入る際に、石鹸に重曹を混ぜて泡立てて、それで足を洗うと良いでしょう。爪は必ず短く切りそろえてください。爪の間に皮脂や汚れがたまると、そこに雑菌が繁殖しやすくなります。

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2018 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.