1. 梅雨の時期のチ○ポの痒み…これって性病?

梅雨の時期のチ○ポの痒み…これって性病?

風俗太郎
50 お気に入り

784 view

出稼ぎドットコム
出稼ぎドットコム

梅雨の時期のチ○ポの痒み…これって性病?

更新日2017/06/20

梅雨の時期の前~梅雨の時期にかけて、股間痒みを訴える風俗ファンの男性は非常に多いようです。症状が出た場合、チ○ポの異常とあって、即座に性病を思い浮かべて真っ青になってしまう風俗ファンは多いのではないでしょうか。
しかし、その股間の痒みは、性病ではないことも多いもの。梅雨の前の時期~梅雨の時期に掛けての股間の痒みは、一体なにが原因で起きるのでしょうか。そして、病院に行ったほうが良いのでしょうか?

梅雨前後の股間の痒みは汗が原因!?

梅雨の前~梅雨の最中にかけては、気温が上がっていく時期でもあります。この時期、体は汗をかきやすくなります。その汗が原因で、股間の痒みを引き起こしている場合が多いようです。
汗には塩分が含まれており、それが刺激となって症状を引き起こしているのです。
塩分により引き起こされる痒みの症状は「陰嚢湿疹」と呼ばれるものであることが多いようです。陰嚢湿疹とは、俗称「タムシ」というもの。金玉部分に痒みや湿疹が現れる症状が特徴です。
原因は、パンツの中のムレ。特に年齢が上がると、皮膚が薄く、ハリがなくなって弱まるため、刺激に弱くなってしまうそうです。
しかし、原因はタムシだけではありません。他にも、真菌が原因である「脂漏性皮膚炎」も多いです。脂漏性皮膚炎は、毛穴から出る皮脂を好む真菌が皮膚を刺激して炎症を起こしてしまうもので、頭皮の病気として知られていますが、これが股間にも発生しやすいのです。頭に脂脂漏性皮膚炎がある人は、股間にも発生しやすいとか。

カンジダ症にも注意!

ちなみに、性病の一種として知られている性器カンジダ症ですが、梅雨の時期に体力が低下し、それに伴い免疫力も低下したところで発症してしまう場合も多いようです。そもそも、カンジダ菌常在菌であり、どこにでもいる菌なのですが、免疫力が低下すると異常繁殖してしまい、自己感染してしまうのです。強い痒みを伴い、白っぽいのようなものがたくさん発生するのが特徴です。

梅雨の時期前後の股間の痒みを治療するには?

梅雨の時期前後の股間の痒みが現れた場合、気休めに薬局で購入したステロイド系の軟膏を塗っている風俗ファンは多いようですが、菌には効果がないことも。
一体なにが原因でチ○ポが痒いのか、素人判断で処置するのは危険です!また、抗真菌薬でないと効果がない症状である場合も多いもの。原因や症状によって必要な薬は違ってきますから、必ず病院で医師の検査を受けて、処方箋を貰うようにしてください。

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2018 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.