1. 風俗店の面接でメモをとるべき3つのポイント

風俗店の面接でメモをとるべき3つのポイント

女子会管理者
50 お気に入り

1235 view

風俗店の面接でメモをとるべき3つのポイント

更新日2017/04/24

風俗店の面接でメモをとるべき3つのポイント

風俗店に入店する前は、「面接」と「体験入店」を行います。
風俗未経験者には特にどのような形で面接が行われるのか不安に感じている方が多いのではないでしょうか?

風俗店に入店する際は、自分にマッチしたお店を見つけるためにもお店のさまざまな要項を確認しておく必要があり、お店選びに失敗しないためにも面接の際は必ずメモをとるようにしましょう。
今回は、メモをとるべき3つのポイントをご紹介していきたいと思います!

どんな待遇があるのか?

給与を含め、やはり待遇面は最も大切なポイントです。
新人期間に稼げる平均金額・最低保証の金額はおさえておきたいところ。
その他にもアリバイ対策は具体的にどんなことをしてくれるのか、送迎はあるのか・・・

待遇面に関して、少しでも疑問に思ったことはメモし、最後に質問するようにしましょう。
特にホームページや求人広告に記載されていないオプション料金やバッグ率の金額はメモしておくと効率的。

お店のコンセプトや特徴は何か?

お店独自のコンセプトやルールはそれぞれ異なります。
面接では、求人広告に記載されていない事を直接聞ける絶好のチャンス。
お店が売り出したい点をしっかり確認しておかないと、入店したあとに食い違いが起きてしまいます。
細かい点にはなりますが、服装はどんなものを意識するとお客さんに喜ばれるかなども聞いてメモしておくと良いですよ!

出勤日から失敗しないためにも、服装やアクセサリーなどのオススメを理解しておくとワンランク上の風俗嬢に!

どんな客層か?

お店にはどんな客層の男性が来るのかを知っておきましょう。
客層は求人広告にも記載されていないことが多いので、お店をよく知るスタッフに聞くのが一番。
忘れずにメモしておけば、入店したときに困りません。毅然と接客・サービスができるように、入店する前にイメージしておくのも予習になります。

年代やどんな職業の方が多いかを理解しておくと、話の広げ方も考えることができますし、質問したときは覚えていても、終わったあとに忘れてしまわないようにしかりメモにとっておきましょう。

いかがでしたでしょうか?
風俗店の面接は、一般的な面接のように堅苦しいものではありません。
意外にもラフな雑談形式の気軽な雰囲気の中で行われるので、メモがとりやすい環境です。
リラックスした状態で、落ち着いて面接に挑んでみてくださいね!

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2020 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.