1. 【風俗業種】デリバリーヘルス(デリヘル)の良い点・悪い点

【風俗業種】デリバリーヘルス(デリヘル)の良い点・悪い点

元風俗嬢コトネ
50 お気に入り

2216 view

【風俗業種】デリバリーヘルス(デリヘル)の良い点・悪い点

更新日2017/03/01

【風俗業種】デリバリーヘルス(デリヘル)の良い点・悪い点

風俗にはたくさんの業種がありますが、その業種それぞれにメリット・デメリットが存在します。
中でも、出張型風俗の代表格である「デリヘル」は、最近その規模がどんどん拡大してきている一方で、様々なメリット・デメリットが存在しているため、働く人を選ぶ一面もあります。
働き始めてしまえば慣れてしまうものではありますが、心配性な女性は見落とすことができないデリヘルの要確認ポイントをおさらいしておきましょう。

デリヘルで働くメリットは?

デリヘルで働くメリットとしては、やはり自分主体で働ける、という点は大きいのではないでしょうか。
ずっと同じ場所にいて会社の人に指図されて働かなければならないのと違い、ある程度自分で采配が決められるという点は、人と一緒に働くのが苦手…という人にも嬉しいポイントです。
更に、自分の頑張り次第でお給料の増減にダイレクトに響いてくるのも、仕事にやりがいを持てるポイントですが、こちらは他の歩合制の風俗業種も一緒ですね。
また、毎回様々なホテルやお客様の自宅に出向いてサービスをするため、環境が変わって面白い、刺激がある、と答えるデリヘル嬢もいます。

デリヘルで働くときに注意したい点は?

デリヘルメリットとして「自分主体で働ける」という点を上記で挙げましたが、しかし一方でそれはデメリットにもなりえます。
例えば、店舗型の風俗店であれば、壁一枚隔てた向こう側には店の男性スタッフや他の風俗嬢がいますので、何かあったときにすぐ助けてもらえますが、デリヘルの場合はホテルという密室でお客さんの男性と二人きりですので、すぐにヘルプを呼べません。
また、お客さんの態度にしてみても、店舗型では強く出にくいものですが、デリヘルになるとデリヘル嬢お客さんの二人のやり取り、という形になってしまいますので、態度が強引になったり上から目線で自分の欲求を押し通そうとするお客さんも多くなる傾向があります。
もちろん、本強と言われる本番強要に関しても、デリヘルの方がソープ以外の店舗型風俗と比較すると、発生率はかなり高くなります。
それには、積極的に指名を取りたい、売上げUPしたいデリヘル嬢が積極的に、基盤・円盤交渉をお客さんにしてしまっている場合も多いため、お客さん側も「デリヘルなら本番できる」と勘違いしている場合も多い、という問題も孕んでいますが、本番なしで働いているデリヘル嬢からしてみれば、迷惑でしかありません。
更に、お客さんからお金をもらい忘れてタダ働きになってしまう、むしろお店にお金を自腹で払わなければならなくなり、働いたのにマイナスに…という場合も。
こういったことは、店舗型風俗では起こらないトラブルです。

デリヘルで働くことには、様々なメリットとデメリットがありますが、それを比較してみてもやはり「働きやすい」「稼ぎやすい」と考えるデリヘル嬢は多いもの。
それだけデリヘルというお仕事は魅力的なお仕事です。
自分の性格と照らし合わせて、大丈夫そうであればぜひ一度デリヘルのお仕事にチャレンジして、たくさん稼いでみてはいかがでしょうか。

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2022 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.