1. 季節の変わり目は要注意!? 悪化する鬱病

季節の変わり目は要注意!? 悪化する鬱病

エロ体験管理
51 お気に入り

1683 view

季節の変わり目は要注意!? 悪化する鬱病

更新日2016/09/06

季節の変わり目は要注意!? 悪化する鬱病

風俗嬢とはストレスが溜まるお仕事。
更に、風俗で働く女性の中には、風俗で働く以前に強いストレスで仕事を辞め、風俗の世界に入ってきました…という人も多く、とにかく風俗嬢にはうつ病持ちの女性が多いです。

うつ病持ちの人に注意してもらいたいのは、季節の変わり目。
春は徐々に気温も上がってきて、ワクワクソワソワする季節でもありますが、それと同時にうつ病が悪化する危険をはらむ季節でもあるのです!

春は季節性のうつ病にご用心

季節性のうつ病は「季節性情動障害」や「季節性感情障害」という風に呼ばれているもの。
近年、春になると気分が憂鬱になったりどんよりとしてしまい何もする気が起きない、体が重くてだるい、などの症状を訴える人が多いとのこと。
春は、環境が変わったり新しいことを始めたり、という変化の季節ですが、それによって強いストレスを溜め込んでしまい、それがうつとして発症してしまう場合もあるんだそうです。

気温差、気圧の変化もうつを悪化させる原因!?

そして、寒い冬から春になる季節の変わり目は、気温の変化、気圧の変化がめまぐるしい季節でもあります。
その気温や気圧の変化は、想像以上に体へのストレスが掛かるものです。
それが引き金となり、自律神経を乱し、体調不良やうつの原因となってしまうことも…。
気圧の変化は偏頭痛、メニエルの症状など、実際の体調不良に繋がっていることも多々ありますので、それがますます憂鬱な気分を増徴させることになっている場合もあります。

季節の変わり目のうつ、どう対処したら良いの?

季節の変わり目うつに効果的なのは、何よりも「生活のリズムをきちんと整える」ことだそうです。
起床時間、食事の時間、就寝時間、そして運動など、ちょっとだるいからといって、いつもより余計にゴロゴロ寝てしまったり、家に篭っていると、うつは悪化しやすくなるとのこと。
元気が出ないな~と思っても、なるべくいつものペースを崩さないように生活することを心掛けましょう!

更に、栄養不足もうつに良くありません。
動物性たんぱく質等の栄養素が不足すると、神経伝達物質も減少してしまうとか。
この神経伝達物質の減少が、うつ病になりやすい原因にもなってしまうそうです!

更に、うつ病にはドーパミンの分泌量を増加させるのも効果的。
ドーパミンは、タンパク質+ビタミンDを一緒に摂取することにより、分泌される量がアップするとか。
鮭やいわし、さんま等の魚類に多く含まれている栄養素ですから、積極的に摂取しましょう。

そして、セロトニンもうつ病対策に重要な神経伝達物質。
肉や納豆、牛乳などのたんぱく質と、にんにくやレバー、マグロ等に含有されるビタミンB6を一緒に摂ることによって更に増産されるそうです。

また、朝日を浴びるのもうつ病対策には効果的。
自律神経が整えられて、夜もぐっすり眠れるようになりますし、ビタミンDやセロトニンも作られるとのことで、朝の散歩を毎日の日課に取り入れることは非常に健康的とのことです。

そして、ストレスを溜め込まないのが何より一番一番大切ですから「がんばらない」ことを心掛けましょう。

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2021 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.