1. ピルを飲む効果と副作用は?

ピルを飲む効果と副作用は?

エロ体験管理
50 お気に入り

1320 view

PonPin(ポンピン)
PonPin(ポンピン)

ピルを飲む効果と副作用は?

更新日2016/09/05

ピルを飲む効果と副作用は?

風俗のお仕事をしている女性の中には、例えばS着のソープであったとしてもピルを飲んでいる女性は多いようです。
ピルを飲んでいれば、妊娠の可能性はグンと下がりますし、それ以外にも様々な効果があります。
ただし、時には副作用が出ることも…。
ピルを飲むときの注意点や、どんなピルを飲めばよいのか、きちんとご存知ですか?

ピルを飲むメリットは?

ピルを飲む一番大きなメリットは、避妊効果のほかに、月経周期が規則正しくなることや、生理痛、生理前症候群が軽くなること、子宮外妊娠や子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんのリスクの低下などが挙げられます。
そのため、ピルを飲み始めた人の大きな理由としては、避妊効果のほか、月経周期の安定や生理痛の緩和などによる人が多いようです。

ピルの副作用

ピルを飲み始めてしばらくの間は、気分が悪くなったり不正出血などのトラブルが出やすいですが、それらのトラブルは大体2~3ヶ月で少なくなります。
また、太りやすくなると言われていますが、低容量のピルの場合はそれほど気にしなくても大丈夫なようです。
血栓症、心筋梗塞の副作用も、低容量ピルはホルモン量が少ないので、大きく減少したとのことです。
ただし、喫煙の習慣がある場合は、血栓症や心筋梗塞のリスクが高まるので、お医者さんに相談したほうが良さそうです。

どんなピルを飲めば良いの?

さて、ピルと一口に言っても沢山の種類があります。
日本で良く飲まれているのは、アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユあたりが多いようです。
こちらは子宮内膜が安定し、使用中の不正出血頻度が他のピルと比較すると少ない、また生理周期が安定しやすいとのことです。

また、オーソというピルは、子宮内膜の増殖を抑えてくれて、出血の量も低下させることができるピルです。
子宮内膜症の治療にも使われており、更に生理痛が耐えられない!という方にもオススメ。
成分がオーソと同じもので、保険適用治療薬の「ルナベル」もあります。
マーベロン、フォアボール錠は、大人ニキビの治療にも効果があるピル。
シンフェーズはシートに曜日が書かれていて、平日に生理が来るようにできる便利なピルです。
ヤーズは、生理通や月経過多などの保険適用薬の超低容量ピルです。
日本国内では、避妊のための処方はしてもらえないようですが、海外では避妊のためにも処方してもらえるそうです。
副作用も少なく便利なヤーズですが、数時間のズレで避妊効果がなくなってしまうとのことで、毎日同じ時間にきちんと飲める人向けのピルです。

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2018 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.