1. 将来のために…風俗嬢は貯めたお金を分割して貯蓄!

将来のために…風俗嬢は貯めたお金を分割して貯蓄!

元風俗嬢コトネ
51 お気に入り

2791 view

PonPin(ポンピン)
PonPin(ポンピン)

将来のために…風俗嬢は貯めたお金を分割して貯蓄!

更新日2017/03/15

風俗嬢のお仕事は大金が稼げるお仕事です。中には「稼いでも稼いでも、いつの間にか残高がゼロになっちゃってるばかりか、クレジットカードの請求額が毎月ヤバイ」なんて焦っている風俗嬢もいるようですが、普通に生活している風俗嬢であれば、毎月銀行の預金残高はどんどんUPしていっているはずですよね。
ところで、その銀行口座についてですが、預金金額が増えれば増えるほど、心配になってくるのが「果たして一つの銀行口座にこんなに大金を入れておいて良いのだろうか?」という疑問です。
銀行口座は一つでも大丈夫なのでしょうか? それとも分けたほうが良いのでしょうか?

銀行口座は複数持っていたほうが良い理由

銀行口座は、複数持っていたほうが良いでしょう。
なぜならば、万が一ではありますが「その銀行が破綻したら、預金は全てなくなってしまう」からです。大手の都市銀行であればその可能性は限りなく低いですが、しかし全くのゼロとは言い切れないので、万が一の場合を考えても銀行口座は複数に分けておいた方が良いのです。
また、所持するお金が増えれば増えるほど、心配なのが盗難や紛失等。
カードや預金通帳を紛失してしまった、というときには一度カードを止めてから再発行してもらう手続きを銀行で取れば良い話ではありますが、そういった不足の事態に備えるためにもやはり銀行口座は複数に分けておいたほうが良いでしょう。
更に、盗難は一番心配です。誰とも分からない第三者からの盗難被害に遭うのはもちろん恐ろしいことではありますが、更に可能性が高いのが、身近な親族や交際相手による盗難事件。
銀行口座の暗証番号をどこからから入手されて、勝手にお金を引き出されて使い込まれてしまっていた…なんていうことはざらにある話です。
お金が絡むと、時として家族や恋愛相手ですら信用できません。自分の身は自分で守るしかないのです。
また、それまで非常に良い人であったとしても、お金に目がくらんでそういった悪行に走ってしまう人は山ほどいます。大金が絡むことであれば、自分以外の人間は信用しないほうが良いでしょう。

これまで脱税していた風俗嬢は、マイナンバー制度導入でヤバいことに!?

風俗嬢の中には、これまで確定申告を全く行っていない、所得税を一切払っていない、という人も多いのではないでしょうか。
むしろ、所得がほぼゼロになっていて、生活保護まで受けている、という風俗嬢もいるようです。
しかし、マイナンバーと各銀行口座の紐付けが、2021年度をめどに実施されようとしてるようです。
マイナンバー銀行口座の紐付けが始まると、銀行貯蓄、銀行への入金・引き出しの利用記録が全て筒抜けになってしまいます。それがどういうことかと言えば、脱税が限りなく不可能になってしまう、ということです。
これまで、脱税がバレにくいように、バレたときにちょっとでもリスクを減らしたいから、一応銀行口座は分けておいたほうが良いよね…?という理由で銀行口座を複数構えていた風俗嬢もいるでしょうが、ほぼ意味はないでしょう。
しかも、税金の無申告がバレた場合、税務調査は過去7年前にまで遡って調査されますので、過去の脱税が全てバレてしまいます。急にヤバい!と思い立って、銀行口座から多額の金額を引き出して別の場所に隠したとしても、その記録もバレてしまうということです。
今まで税金を払わずに全てのお金を使っちゃった!というような風俗嬢は、とんでもない額の税金を急に支払わなければならなくなってしまう可能性も出てきました。
そこで、風俗嬢に今後増えるのではないかと言われているのが、銀行に貯金するのではなくタンス貯金をする人。
自宅に金庫を買って、そこにお金を入れておく…という風俗嬢が増えるのではないかと言われています。
しかし、タンス貯金は非常に危険です。盗難のリスクが高くなる上に、災害で紛失してしまうことも多いに考えられます。
そのため、これまで脱税していた風俗嬢も、今のうちからきちんと収入を申告して税金を払っておいたほうが良いでしょう。
そして、タンス貯金はせずに、預金口座はいくつかに分けて、都市銀行に預けておいたほうが絶対に賢明です。

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2018 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.