1. 待ち合わせ型のデリヘルで働くときに気をつけたいこと!

待ち合わせ型のデリヘルで働くときに気をつけたいこと!

元風俗嬢コトネ
51 お気に入り

835 view

出稼ぎドットコム
出稼ぎドットコム

待ち合わせ型のデリヘルで働くときに気をつけたいこと!

更新日2016/09/01

デリヘルって、自由に働けてお金も稼げる一方で、自分で行く場合だと自分の身は自分で守るしかありません。
そのため、時として危険な場合もあります。
ですから、常にある程度気をつけてお仕事をする必要があります。

待ち合わせ時には要注意!

デート気分を味わえるからと人気な待ち合わせ型デリヘル。
しかし、待ち合わせを外でする場合、声を掛けてきた男性が予約を入れた本人か確認するのは大切です。
もちろん、デートの雰囲気を壊したくないという気持ちはわかりますが、危険な目に遭うことは避けなければなりません。

こんな話があります。
声を掛けられて、お客さんだと思って一緒にホテルに入ったら、携帯電話を取り上げられて殴られ、無理やり中出しされてしまった…。
普通なら強姦ですから警察に届け出るところを、家族に風俗の仕事がばれるのがイヤで、結局泣き寝入り…。

そんなことにならないためには、待ち合わせ時にきちんとお客さんだと確認することが大切です。
お客さんに、待ち合わせ場所で電話をしながら本人確認をして、予約を入れた名前を言ってもらうように徹底しましょう。

もしホテルで危ない目にあったら

もし、ホテルの部屋に入ってしまってから危険な空気を感じたら、火災報知機を鳴らしましょう。
部屋に入ったときに、視線で火災報知機の場所を確認しておきます。
ボタンを押すタイプと、天井に付けられた煙を感知するタイプのものがありますが、煙を感知するタイプのものはスプレー等でも作動します。

また、電話はすぐにできるように、手の届く場所においておきましょう。
特に初めてのお客さんの場合は気をつけるようにしましょう。

風俗は性的なサービスをする場所ですが、だから一般の女性と違って何をしても良いと勘違いしている男性客もたまにいます。
でも、嫌がって拒否しているのに無理やり本番を強要されたら、それは強姦です。
家族にばれたくないから、周りにばれたくないからといって泣き寝入りせざるを得ない場合も多々あるようですが、なるべくそのようなことがないように、最初からそういった隙を相手に与えないように自衛策を練っておきましょう。

また、お店のスタッフや先輩の経験豊富な風俗嬢に自衛策の話を予め確認しておくことも大切です。
こういったお客さんが来たときはこう対応する、といったマニュアルを、面倒くさがらずに頭に入れておくようにしてください。

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2017 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.