1. AFばかりしていると肛門が緩くなる危険性あり

AFばかりしていると肛門が緩くなる危険性あり

マイコ先生
51 お気に入り

1483 view

風俗求人・バイト「ヒメケツ!」
風俗求人・バイト「ヒメケツ!」

AFばかりしていると肛門が緩くなる危険性あり

更新日2017/03/23

最近では、風俗店オプションプレイに「AF」の表記が非常に増えてきました。
AVの影響もあり、どんどん過激化する風俗でのプレイ内容ですが、中でもAFは、気になっている男性客が多いプレイです。
冷静になって考えてみれば、ウ○コをする穴でSEXをするなんて汚い…と思いますが、しかしそこは夢が膨らんでいる男性の中には「おマ○コよりキツくて気持ち良いに違いない」「アソコとは違った、新しい気持ち良さがあるはず」と興奮して現実が見えなくなっている人が多いのではないでしょうか。
期待してやってみたものの、やっぱりあんまり気持ち良くなかった、ウ○コが付いて萎えた、なんて言う男性も多いようです。
しかし、中には「アソコでのSEXよりAFの方が良い!」と、AFにはまってしまう男性もいたりします。
しかし、男性側はコンドームを付けてさえいれば、特になんと言うことはないAFですが、突っ込まれる側の風俗嬢からすると、体への負担はかなり大きいのがAFの欠点です。

AFオプションが増えてきた弊害

風俗嬢の中には、お店から「AFのオプション付けたほうがお客さん増えるから、絶対AFのオプション付けたほうが良いよ!」とそそのかされて、AFOKにしている嬢もいるかもしれません。
しかし、AFをOKにしてしまうと、当然のことながら肛門への負担はかなりのものとなってしまいます。
まず、AFを可能とする肛門にしていくためには、少しずつ肛門を緩めていかなければなりませんが、前準備なしに突然AFをしてしまうと、肛門が裂けて出血し、痔になってしまいます。また、無理なAFを続けていると、肛門括約筋が傷付いてしまい、最終的には人工肛門…ということになりかねません。

伸ばせば大丈夫、というわけでもない

良く、ゆっくり慣らしていけば大丈夫、と言う人もいますが、しかしそういうわけでもないようです。
長期間にわたって肛門を拡張していると、筋繊維の断裂が起こります。一端切れてしまった筋繊維は、二度と戻らないそうです。
しかも、若いうちはともかく、数年後、十数年後と、老化と共に若い頃に痛めた症状が現れてくることもある…ということです。
あまり今現在無茶をしてAFばかり行っている風俗嬢は、将来的に脱肛してしまったり、人工肛門になってしまう危険性も否めないということです。
そう考えると、あまりAFを積極的に行うのはやめたほうが良いのではないでしょうか。
それ以外のプレイでお客さんを惹き付けられるように、風俗嬢としての魅力を磨いていくことをオススメします。

AFをお店やお客さんから強要された場合、どうしたら良いの?

もしもAFをお店やお客さんから強要された場合、あなたがやりたくないのなら「やりたくない」とはっきり断りましょう。
お店の店長やスタッフ、そしてお客さんは、あなたがAFをしても特に痛くも痒くもありませんし、むしろあなたがAFをすることによってお金が入ってきたり欲望が満たせるため、あなたの体のことなんて気遣ってはくれません。
しかも、あなたがもしその誘いに乗ってAFをして体を痛めても、それは完全に自己責任となります。後で後悔しても、一生お尻の穴に不具合を抱えて生活する羽目になったとしても、それは誰の責任でもなく、あなた自身の責任でしかないのです。
ですから、やりたくない場合はやりたくない、と言いましょう。もしそれでもダメなら、AFをやらなくて良いお店に移籍したほうが良いでしょう。
AFをすることで今稼げても、将来的に医療費の方が高くついてしまうことになってしまうのであれば、何の意味もありません。

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2018 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.