1. 3回目の壁!常連客を3回以上継続させるためには

3回目の壁!常連客を3回以上継続させるためには

元風俗嬢コトネ
50 お気に入り

1179 view

風俗求人・バイト「ヒメケツ!」
風俗求人・バイト「ヒメケツ!」

3回目の壁!常連客を3回以上継続させるためには

更新日2017/07/11

リピーターが続かない…でも、継続させるためにどうしたら良いのか分からない、と嘆く風俗嬢は多いのではないでしょうか。
「どうせ顔が良くないと継続してもらえない」「男性はみんな、一度抱いた女にはすぐ飽きてしまう」と、最初から諦めていては、常連さんを掴むことはできません!ちょっとした気遣いが、常連さんを3回以上キープし続けられるかどうかの境界線となります。

そのお客さんをどれだけ「楽しませようとしているか」がポイント

お客さんは高いお金を払って風俗に遊びにきているわけですから、ただ射精できれば良い、というわけではありません。射精プラスアルファの付加価値の方が大切なのです。そこでどう差をつけるかは、テクニックお客さんを骨抜きにするのも大切ですが、きちんとお客さんの要望を汲み取って、どれだけお客さんを楽しませようとしているか、というサービス面が充実しているかどうかにかかってくる点も多いのではないでしょうか。
例えば、そのお客さんの好みを掴むことはもちろん、毎回どういった遊びがしたいのかを風俗嬢側から積極的に尋ねて、なるべくそれに沿ったプレイができるように注力することは必ずするべきです。
毎回ワンパターンでは、先が予想できる単純なドラマを何度も見させられているような気持ちにお客さんをさせてしまい、いくら最初に良いと思っても、すぐに飽きられてしまいます。その限度が3回目、というわけです。その3回目の壁を越えるためには、毎回ある程度手を変え品を変え…という工夫やサービスが必要となるのです。

“手抜き接客”とお客さんに思わせない工夫

毎回同じ流れでプレイをし過ぎると、お客さんからは「手抜き接客になってきたかなぁ」と思われがちです。手抜きをされたと思えば、お客さんは当然のことながら離れてしまいます。
初回、2回目あたりまでは、お互いにちょっとした緊張感があるもの。探り探り、どんなプレイが良いのか、テンポはこれで丁度良いのか、どんな会話が好きなのか…などなど、様々なことを探りつつとなりますので、まだ新鮮味があります。
しかし、3回目ともなると、既にある程度顔見知り、という余裕が出てきてしまうため、それが悪いほうに取られてしまうと、「手抜き接客になってきた」と思われてしまうわけです。
それを防ぐためには、やはり毎回お客さんの要望を汲み取ろうと努力していますよ、という姿勢をお客さんに見せることが重要となってくるわけです。

打ち解けても演技は重要、素を見せすぎるのはNG!

お客さんの中には、慣れてくると「もっと○○ちゃんの素を見たいな~」なんて言ってくるお客さんもいるかもしれませんが、それを真に受けてはいけません。
きちんと風俗嬢としての演技はし続けましょう。それを辞めてしまうと、確実にお客さんから手抜きをしているように思われてしまいます。
また、お客さんとの会話をある程度きちんと記憶できるように努力しましょう。会話のなかで、同じ質問を何度もしたり、他のお客さんとの会話と勘違いしたりしてしまうと、一気に冷められてしまいます。

なかなか大変な“3回目の壁”の突破ですが、一度突破してしまえば、長くオキニ嬢として常連となってくれるお客さんは多いものです。
最初から諦めたり、安易に基盤に走らずに、どうサービスしたら4回目以降もお客さんが来てくれるのか、試行錯誤してみてはいかがでしょうか。

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2017 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.