1. デリヘルを呼ぶなら自宅?ラブホ?レンタルルーム?

デリヘルを呼ぶなら自宅?ラブホ?レンタルルーム?

風俗太郎
24 お気に入り

429 view

PonPin(ポンピン)
PonPin(ポンピン)

デリヘルを呼ぶなら自宅?ラブホ?レンタルルーム?

更新日2018/12/26

デリヘルを呼ぶなら自宅?ラブホ?レンタルルーム?

いつもデリヘルを利用する男性のみなさんは一体どこに呼んでいますか? デリヘルでいろいろな女の子と遊んでも、毎回呼ぶ場所が同じだとマンネリ化しませんか。場所を変えて遊ぶとまた違った雰囲気で楽しむことができるものです。

そこで今回はデリヘルを呼ぶときの自宅、ラブホテル、レンタルルームをそえぞれ比較して、メリット・デメリットについてご紹介したいと思います。 デリヘルを利用する男性は是非ご参考下さい。

一番ラクな「自宅」の利用

自宅の利用メリット

自宅でデリヘルを呼ぶメリットと言えば手軽さが挙げられます。電話一本で自宅まで女の子が派遣されてきますので、家を一歩も出ることはありません。また、自宅にデリヘルを呼ぶことによってホテル代がかかりません。コスパを求めるなら自宅に派遣してもらいましょう。

自宅の利用デメリット

比較的に綺麗な自宅であれば問題ありませんが、物が散乱しているいわゆる汚部屋の場合は派遣されてくる女の子の仕事へのモチベーションは下がる場合があります。いくら仕事とはいえ清潔感のない部屋や男性というのは生理的に嫌がられてしまいます。 また、サービス内容によっては布団やシーツが汚れてしまいます。人の体液というのはなかなか洗濯が大変と言われています。掃除や洗濯の後処理はご自身のお仕事になります。

デリヘルでよく使われれる「ラブホテル」の利用

ラブホの利用メリット

ラブホテルはもともとカップルや風俗での利用を目的としているため、大きなベッドやバスルームであったり、雰囲気のある照明と設備が整ってます。デリヘルを最大限に楽しめる場所と言っても良いでしょう。 また、ラブホテルによってSMルームや、露天風呂、鏡ばりなど様々の部屋があります。デリヘルで遊ぶたびにタイプ別のラブホテルを選ぶことによってマンネリ化を解消できますし、珍しい部屋だったらデリヘル嬢にも喜ばれますよ。

ラブホの利用デメリット

まずラブホの利用料金は自己負担。休憩料金でも3,000円〜5,000円ほどかかります。また、休憩時間なら良いですが、多くのラブホは一定時刻を超えると宿泊料金になり、宿泊のみしか受け付けていません。ですので、遊ぶ時間帯も考える必要があり出費も多めになってしまいます。

短時間派に最適「レンタルルーム」の利用

レンタルルームの利用メリット

レンタルルームは簡単にいうと超手軽なラブホテルです。1時間2,000円程で利用でき、漫画喫茶以上のクオリティ。部屋の中にはセミダブルベッド(布団なし)シャワールームが完備されているのが特徴。とにかく短時間コースで安い値段で設備もシャワーさえあれば部屋は狭くても良いという方にオススメです。デリヘルの短時間コースの方の利用が多いことをデリヘル嬢は承知しているため、レンタルルームでも気にしない女の子は多いです。

レンタルルームの利用デメリット

綺麗なレンタルルームでも宿泊するのはオススメ来ません。また、体が大きい男性にとってベッドやシャワールームが狭かったりするのでラブホテルの方が良いです。そもそもエッチなことを短時間で行い退店するというシステムなので、その辺を踏まえ下調べしてから利用することをオススメします。

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2019 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.