1. ソープで働く女の子必見!避妊率99.9%の低容量ピル

ソープで働く女の子必見!避妊率99.9%の低容量ピル

元風俗嬢コトネ
51 お気に入り

947 view

風俗求人・バイト「ヒメケツ!」
風俗求人・バイト「ヒメケツ!」

ソープで働く女の子必見!避妊率99.9%の低容量ピル

更新日2016/09/01

数ある風俗の中でも、ソープは「風俗の王様」と呼ばれています。
そう呼ばれる一番の由縁が、本番行為ができること。
お店によってはコンドームを着けて行なうプレイと、コンドームを着けずに行なう通称「NS(ノースキン)プレイ」
があります。
ソープで働いる女の子にとっては、避妊対策は必須です。
コンドームが使用できない場合は「低容量ピル」を使用している方が数多くいるのです。

今回は低容量ピルの使用法やメリットデメリット、をご紹介していきます。

低容量ピルとは

「低用量ピル」とは、避妊目的に作られた薬です。
卵巣から出される女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の合剤で、排卵を抑制したり、子宮内膜を薄くすることで受精卵を着床しにくくします。
精子を入りにくくすることで、服用すると99.9%避妊することが出来るという薬です。

最近ではピルをネットで手軽に購入できるようになり、病院よりも安く手に入るようになりました。
しかし、万が一問題があった場合は自己責任と記載されているために、安全に使用する場合はオススメできません。
ピルを購入する際は、正しく安全に使用するために産婦人科で診断して処方箋を出してもらいましょう。

低容量ピルのメリット

ピルには避妊だけでなく、女性の体に良い影響を及ぼすことが知られています。
具体的には「月経周期が規則正しくなる」「月経痛・月経全症状群の緩和」「子宮外妊娠の発生頻度の低下」「ニキビや多毛症の改善」の効果が期待されます。

ほかにも長期間の服用により「良性母乳疾患」「子宮内膜症」「子宮体がん」「卵巣がん」の発生頻度が低下します。
最近ではピルを使うのは避妊目的だけでなく、月経周期を安定させるためや月経痛を軽減するために使用するケースも増えてきました。

低容量のデメリット

副作用に関しては個人差があると思いますが、実際には「マイナートラブル」と呼ばれる一時的な不快症状の場合がほとんどです。
このマイナートラブルは、ピルを内服することにより一時的にホルモンバランスが変化することによって起きる症状です。
副作用が強く内服を続けられない人の方が明らかに少ないのが現実です。
また、喫煙者が服用した場合は、副作用が起こる確率が高くなり、悪影響を及ぼす場合もあるので禁煙をオススメします。
病院でよく相談を受けてから使用しましょう。

これからソープで働こうと思っている方今ソープで働いている方は、是非低容量ピルの服用を検討してみてください。
避妊率99.9%で、場合によってはコンドームよりも確実に防ぐことができます。
婦人科を受診すること自体に抵抗がある人も多いと思いますが、一度受診してみると悩みを解決してくれるかもしれません!

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2017 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.