1. 風俗嬢と宗教…ヤバイ道に足を突っ込まないためには

風俗嬢と宗教…ヤバイ道に足を突っ込まないためには

元風俗嬢コトネ
50 お気に入り

498 view

風俗求人・バイト「ヒメケツ!」
風俗求人・バイト「ヒメケツ!」

風俗嬢と宗教…ヤバイ道に足を突っ込まないためには

更新日2017/02/15

先日、芸能人の清水富美加さんが、幸福の科学に出家をしてしてしまい、幸福の科学と所属事務所が対立している状態にあり、世間を騒がせています。
幸福の科学というと、大川隆法総裁による謎のアニメやイタコとして有名人の霊的存在(有名人はまだ存命している場合もイタコ可能)を下ろしてインタビュー?し、本にまとめたもの等が有名で、傍から見ているとネタにしか思えないこともありますが、しかし中には本気で信じている信者の方も多く、清水富美加さんもそのうちの一人だったようです。
日本では信教の自由が明確に守られており、何を信じようがその人の自由ですし、宗教は良い方向に働けば自分自身を更に向上させ幸せな人生を送るために非常に役立つものです。
しかし、一歩間違えると奈落の道へと転がり落ちてしまう原因になってしまうことも…。

風俗嬢がカルト宗教に入信してしまう場合

風俗嬢の中には、依存心が強い女性も多いです。その最たる例としては、ヒモ男性やホストに入れ込んでしまい、多額のお金を貢いでしまっている風俗嬢です。
そこに幸せを見出してしまうと、傍から見たら明らかにおかしい方向に進んで行ってしまっているのにも関わらず、本人は周囲からの忠告など全く意に介さず、自分自身にも何の疑問も持たずに突っ走ってしまいます。
ヒモ男性やホストを宗教に置き換えることは簡単です。そこに自分の幸せや、自分の存在価値を認めてくれる居場所を見つけ出してしまうと、なかなか抜け出すことは難しく、言われるがままにお金を貢ぎまくって自分の人生を台無しにしてしまうことになる場合もあります。
自分自身を幸せにしてくれる、正しい方向へと導いてくれる宗教である、と自分自身が思えれば良いのかもしれませんが、多くの人は、そのとき良いと思っても、後で入信を後悔したり、その当時の自分を悔やんだりしています。
人の考えや趣味趣向は、時間の経過とともにどんどん変わっていきます。
宗教に入信するということは、かなり重いことです。後に自分の考えがもし変わってしまったとしても、それを許容してもらえない、自由度の低い環境に身を置き続ける覚悟がないのであれば、宗教に入るべきではないのではないでしょうか。

癒されたい風俗嬢が気をつけたいこと

風俗のお仕事をしていると、気持ちが不安定になったり、先の見えない不安感から何かに縋り付きたい気持ちになることもあるでしょう。
そんな時に、宗教は非常に魅力的に見えるかもしれません。
それさえ信じていれば自分は幸せになれる、間違いはないのだと思い込むことができるからです。
しかし、それはある意味思考停止と一緒であり、自分自身を全く無責任に他人に預けてしまうことと同じでもあり、非常に危険なことでもあるのです。
宗教に走る前に、まず誰かに話を聞いてもらいましょう。そして、自分自身に本当に必要なものは何なのか、将来どうなりたいのかを自問自答して見つめ直すことは非常に重要です。
自分自身について、把握しきれていない、将来についてもあまりにも漠然としたイメージしか持てていない、目標の喪失状態にある場合は、そこに宗教が入り込みやすいものです。
本格的に入信する前には、自分自身を本当に宗教の教義に丸投げして預けてしまっても良いのかを、もう一度考えてみる必要があります。

Pick Up

トップへ戻る

オススメ店舗バナー

オススメコンテンツ

業種カテゴリー

エリアカテゴリー

エリアカテゴリー

業種カテゴリー

Copyright(c) 2016-2017 HELP!風俗Q&Aまとめ Inc. All Rights Reserved.